写真

言葉

think(考えること)とthank(感謝すること)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

(出典:『毎日3分読むだけであなたがプラス思考に変わる本』ジグ・ジグラー/著、田中孝顕/訳、きこ書房)

 毎日仕事をしている中で忘れがちなことや、生活している中で当然と思い込んでしまっていること、こういった点に改めて気づけると、変化のきっかけになるものですよね。今回は、そういったことに気づくためのジグ・ジグラーの言葉を2つお伝えします。

どんなに忙しくても

 アメリカ第26代大統領セオドア・ルーズヴェルトには、いろいろな呼び方がある。革新党の生みの親、アメリカ‐スペイン戦争で軍を率いてサン・ファン高地を登った男、大物を狙うハンター、家庭を大切にする人、市民の僕(しもべ)などなど――。
 ルーズヴェルトの人生をたどってみると、大成功したことだけではなく、想像を絶するほど忙しかったにもかかわらず、きちんと仕事をこなしていたことがわかる。たとえ選挙運動で全国を遊説していて、きわめて多忙であっても、人間らしさを失わなかった。だからこそ成功したのだ。

 ルーズヴェルトは自分のために何かしてくれた人に対し、感謝することを決して忘れなかった。
 例えばこんなことがあった。選挙運動で地方の小さな街に立ち寄るときは、いつも汽車から降りると、機関士と助手に安全で快適な旅ができたことのお礼を述べた。実際ほんの2、3分で済むことだが、時間がないときはたとえ2、3分であっても、とても貴重なはずだ。

 だがこの時間をよい投資だと考え、自分を支えてくれる人のために進んで会うようにした。そんな人との触れ合いの中で、ルーズヴェルトは生涯の友を得たのだ。簡単でささいなことをしながら、相手のことを考えたので、アメリカ中の人に慕われた。感謝を伝えるのに費やした数分に対する大きなご褒美だ。
 「普通」の人をどう扱うかで「大物」かどうかを見分けることができると言った人がいた。この物差しだけでも、ルーズヴェルトが「大物」だったことがよくわかる。

 そこで教訓。人に親切にし、「ありがとう」を伝えるための時間をつくろう。ご褒美はきっと大きい。

毎日をより良い日にするための2つの方法は、think(考えること)とthank(感謝すること)。

収穫を得る人

 私は何十年にもわたり、あらゆる種類の会合で何千回と講演してきた。12人のグループを相手に話したこともあれば、6万人の聴衆の前でということもあった。その経験から聞き手がどういう人たちであれ、1つの傾向があるということに気がついた。
 特にセールス関係の団体・企業向けのリーダーシップやマネジメントをテーマにした講演にあてはまるのだが、ほぼ例外なく、トップ・セールスパーソンは真正面か、それに近い場所に座るということと、その人のビジョンによって、選ぶ座席の場所が違ってくるということだ。

 「もうそんなことは知っている」という人やこんなことは時間の無駄だとか、「前にも聞いたことがある」と思っている人は、遅れて来るか、後ろのほうに座るのが相場と決まっている。しかも座りながら、体をもぞもぞと動かしたり、講演が終わる前に席を立ったり、隣の人に話しかけたりする。
 ところがそんな人たちも、スポーツやコンサートのような催し物になると、いちばんいい席に座りたがる。大抵かなり早めに会場に行き、ほかの人が気を散らすようなことをするとイライラするのだ。

 つまり、教育的で高い目標が与えられそうな講演や会合で正面の席に座っている人は、何かを期待して出席しているといっていい。新しいことを学ぶ心構えができているし、ノートもきちんと取る。
 ハーバード大学の研究によると、講演や会合でいちばん収穫を得る人は、①何かすごいアイデアが得られるかもしれないと期待している人②きちんとノートを取る人③学んだことについて仲間と話し合ってノートを比べ合う人、だそうだ。
 こうして学んだことを復習し、聞き逃した点はほかの人から補う。要するにこういう人は勝者なのだ。こういう人は勝つために計画をたて、勝つために準備をし、そして勝つつもりでいる。これこそ人生のすばらしい取り組み方だ。

過ちを認めることは成功の始まり、過ちを正すことは一歩前進すること、そして最後までやり遂げることは成功だ。

 いかがでしたでしょうか。当たり前のことに感謝することって忘れがちになりますよね。でもそういった見落としがちなことでも、次から改善し続けていくことで、変化が訪れるのかもしれませんね。この記事が皆さんの人間関係がよりよくなるきっかけになればと思います。

関連する記事

タイトル写真
話し方で人を動かす
記事を読む
タイトル写真
「ネガティブワード」の恐怖
記事を読む
タイトル写真
「ありがとう」の力
記事を読む
タイトル写真
Listen to the business book
記事を読む