写真

言葉

THINK OUTSIDE OF THE BOX -発想を変えてみる-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2018.3.9
From マックス桐島

 世の中には、「これしかない」と思い込んでしまっている状況、形状、思惑などが氾濫しています。

 我々個々の人生ドラマの中でも、いつの間にか「こうあるべき」とか「これが普通」といった定番思考や常識感覚が生きざまをコントロールしている場合が多いものです。

 自己啓発欲が人一倍貪欲なハリウッド人は、体を柔軟にするヨガやピラティス、ストレッチだけでなく、心と脳の硬化を予防するトレーニングも大好き。脚本家の友人に誘われて出席したとあるワークショップでは、通常の思考回路を故意に迂回する考え方を奨励して、今までの自分にはできなかった想定外のアイデアを育む発想法を学びました。

2写真

by geishaboy500

 トレーニングの名称は「Think Outside the Box」。つまり、既成概念で構成された箱から自分を解放し、箱の外にある自由奔放で無限意識の空間で試行錯誤してみようというテーマ。

 確かに、人生経験を積んでくると、成功例が増える代わりに失敗もたびたびするわけですから、どうしても自分の能力に不信を抱いたり、夢に天井を設けたり、あげくの果ては挑戦する前に諦めてしまったりもします。

 これこそが、箱の中での思考、つまり自分自身の意識によって限定された大きさのボックスの中での考え方であり、一歩、その箱の中から飛び出してみると、箱の中では不可能だった考えやアイデアが生まれるのです。

 人間は自分の周囲の人やモノと様々な関連性、相対性を築きながら自分の生きざまを模索する高度な動物。

 ということは、「やってもダメ」が「やってみよう」に、「短所」を「長所」に、そして、「不可能」が「可能」に思える空間での経験だけが、人生の「勝ち癖」を習慣づけ、それが起こるのが「箱の外」なのです。

 新たな気づきに顔を紅潮させる参加者に交じって、僕と友人も、いかに今までの自分の発想法が「箱の中」的だったことに衝撃を受けましたが、ワークショップリーダーの一言に我々全員は一気に勇気づけられたのでした。

4写真

by Ryan McGuire


 それが冒頭の一言「Think outside the box」

 ブレスト、会議、打ち合わせ、すり合わせ、口論、一家団欒など、様々なシチュエーションでアイデアや意見が浮かんだとき、自分自身やグループに、この言葉を投げかけてみることを習慣にしてみましょう。すると、不思議なことに、客観的に自分の考えを分析できるだけでなく、その発想が「今までの経験や知識に基づいた箱の中」から生まれたものなのか、それとも、「無限の可能性とワクワク感に基づいた箱の外」で生まれたものなのかを認識させてくれます。

 ワークショップで教示されたこの珠玉の言葉は、訓練次第(箱の中思考から箱の外思考へと意識的に移行する習慣を身につける)で、人生を変える大きな転機や発想、出会い、行動へと自分を誘ってくれます。これは、業界人の多くがこの言葉を座右の銘としていることや、製作会議、脚本会議などの場でも頻繁に飛び交うマントラ(定言)であることに実証されています。

 四角いスイカ、ファストファッション、食べて痩せる、スマートフォン。今や定番となった衣食住カルチャーの産物。これらも、運搬に便利、高品質低価格、断食の逆、多機能ケータイ、といった目に見える変化もさることながら、一歩箱の外に踏み出した発想がなかったら世に出ることがなかったかもしれません。

 ビジネス界の集客、営業、宣伝、プレゼン。そして、人生を左右する考え方、家族との接し方、アドバイスなどなど。

「箱の外」に思考の場を移してのアイデアは、自分にも相手にも優しい器量の大きな発想になる可能性が大きく、人間的な進化を与えてくれます。

 そして、時には、自分だけでなく、周囲をも連れだって箱の外に脱出してみること。野外ピクニックやビーチパーティーのような、奇想天外で天井知らずの発想のミューズ(女神)が「降りてくる」こと請け合いです。:)

 

 

 

マックス桐島

人物紹介写真

ハリウッド映画プロデューサー
神奈川県出身。
ハリウッドで1990年以来、『Night of the Warrior (邦題「ナイト・ウォリアー」)』『Ulterior Motives (邦題「隠された動機」)』『Samurai Cowboy (邦題「ワイルド・ハート/遙かなる荒野へ」)』など13作品をプロデュース。また手掛けた作品は2001年度アカプルコ国際映画祭最優秀作品賞。2002年度ニューヨーク・インディペンデント映画ビデオ映画祭最優秀スリラー作品賞、主演男優賞などを受賞。著書に『NYビジネスマンはみんな日本人のマネをしている』(講談社プラスアルファ新書)など多数。
http://www.amazon.co.jp/-/e/B004LRJOSM

関連する記事

タイトル写真
心こそデトックスを!
記事を読む
タイトル写真
アイデアのつかみ方
記事を読む
タイトル写真
「ネガティブワード」の恐怖
記事を読む